おすすめスマホランキング5選!「スマホの選び方」も紹介

「新しいスマホが欲しいけど、どれを選んでよいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

いざ店頭で実際にスマホを見たり、ネットのレビューも読んでみても、「本当に自分に合ったスマホがどれなのか分からない」「違いが分かりにくい」と感じることも少なくないはず。

そこで今回は、スマホの選びで悩み中の方に「おすすめスマホランキング」「スマホを選ぶときのポイント」「おすすめスマホのスペックとおすすめポイント」を紹介します。
自分にぴったりのスマホはどれなのか、チェックしていきましょう。

※安くてコスパのいいおすすめスマホについて紹介しています。参考にしてみてください。
スポンサーリンク

おすすめスマホランキング

2020年発売のスマホで特におすすめなのが以下の5機種です。

1位2位3位4位5位
機種名iPhone SE
(第2世代)
Galaxy S20 5GRedmi Note 9SXperia 1 IIReno3 A
イメージiPhone SE(第2世代)Galaxy S20 5G Redmi Note 9S Xperia 1 IIReno3 A
メーカーAppleSamsungXiaomiSony MobileOPPO
発売時期2020年5月2020年3月2020年6月2020年6月2020年6月
特徴/おすすめポイントコスパがとにかく高い
コンパクトで片手操作もしやすい
・30倍ズーム
8K動画対応のカメラ
超高品質なディスプレイ
ゲームもこなせるCPU
4眼カメラ
・ディスプレイは4K解像度
ZEISSレンズ採用のカメラ

欲しい機能をもれなく搭載
・カメラ・ディスプレイも◎

価格ドコモ:5万7,024円~
au:5万5,270円~
ソフトバンク:5万7,600円~
Appleストア:4万9,280円~
ドコモ:10万2,960円
au:11万7,480円
OCNモバイルONE:1万6,720円~
LINEモバイル:2万5,080円
IIJmio:2万3,980円
BIGLOBEモバイル:2万4,816円
ドコモ:12万3,552円
au: 13万3,600円
楽天モバイル:3万9,800円
IIJmio:3万8,280円
LINEモバイル:2万6,400円
BIGLOBEモバイル:3万9,600円

(※価格は2020年9月08日時点、税込。新規一括購入の場合。)

いずれもコスパ抜群なだけでなく、プラスアルファの魅力も持った機種です。
それぞれのスペックや特徴は次で解説します。

※各キャリア別のおすすめスマホを紹介しています。参考にしてみてください。

おすすめスマホのスペックとおすすめポイント

おすすめスマホ5機種のスペックです。

1位2位3位4位5位
機種名iPhone SE
(第2世代)
Galaxy S20 5GRedmi Note 9SXperia 1 IIReno3 A
イメージiPhone SE(第2世代)Galaxy S20 5G Redmi Note 9S Xperia 1 IIReno3 A
メーカーAppleSamsungXiaomiSony MobileOPPO
発売時期2020年5月2020年3月2020年6月2020年6月2020年6月
本体サイズ高さ:138.4mm
幅 :67.3mm
厚さ:7.3mm
高さ:約152mm
幅 :約69mm
厚さ:約7.9mm
高さ:約165.8mm
幅 :約76.7mm
厚さ:約8.8mm
高さ:約166mm
幅 :約72mm
厚さ:約7.9mm
高さ:約160.9mm
幅 :約74.1mm
厚さ:約8.2mm
重量148g約163g約209g約181g約175g
アウトカメラ広角:1,200万画素超広角:1,200万画素
広 角:1,200万画素
望 遠:6,400万画素
メイン:約4,800万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約500万画素
深度:約200万画素
超広角:約1,220万画素
望 遠:約1,220万画素
標 準:約1,220万画素
メイン:約4,800万画素
超広角:約800万画素
モノクロ:約200万画素
ポートレート:約200万画素
インカメラ700万画素1,000万画素1,600万画素800万画素1,600万画素
CPUA13 BionicチップQualcommSnapdragon 865 5G Mobile Platform 2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.7GHz/4Qualcomm Snapdragon 720G/最大2.3GHz/オクタコアSnapdragon 865/2.8GHz+1.8GHz/オクタコアQualcomm Snapdragon 665/2.0GHz×4+1.8GHz×4/オクタコア
RAM3GB12GB46GB/6GB8GB6GB
ROM64GB/128GB/256GB128GB64GB/128GB128GB128GB
SDカードスロット有無×
バッテリー
容量
1,821mAh4,000mAh5,020mAh4,000mAh4,025mAh
ディスプレイRetina HD(液晶)Dynamic AMOLED(有機EL)DotDisplay(液晶)有機ELAMOLED(有機EL)
ディスプレイ
解像度
1,334 × 7503,200 × 1,440(Quad HD+)2,400 × 1,080 (フルHD+)3,840 × 1,644(4K)2,400 × 1,080(フルHD+)
価格ドコモ:5万7,024円~
au:5万5,270円~
ソフトバンク:5万7,600円~
Appleストア:4万9,280円~
ドコモ:10万2,960円
au:11万7,480円
OCNモバイルONE:1万6,720円~
LINEモバイル:2万5,080円
IIJmio:2万3,980円
BIGLOBEモバイル:2万4,816円
ドコモ:12万3,552円
au:13万3,600円
楽天モバイル:3万9,800円
IIJmio:3万8,280円
LINEモバイル:2万6,400円
BIGLOBEモバイル:3万9,600円

(※価格は2020年9月08日時点、税込。新規一括購入の場合。)

それでは、それぞれの特徴・おすすめポイントを詳しく見ていきましょう。

1位 iPhone SE(第2世代):コスパ良でコンパクト!

iPhone SE(第2世代)コスパ良でコンパクト
画像出典:au

iPhone SE(第2世代)はコンパクトと超コスパを両立し、ユーザーの評判が抜群に高い機種です。
おすすめポイントとしては以下の2点です。

コスパがすごく高い

「コスパがずば抜けて高い」が最大の魅力です。

CPUはiPhone 11と同じCPU(A13 Bionic)を搭載。最新ゲームもバリバリプレイできます。

とくに4~5万円台の価格帯でスマホを選ぶとなると、10万円前後のスマホと同じ性能を積んだスマホは他に中々ありません。
安くゲームが快適な機種が欲しい人にピッタリです。

そのほか、「ワイヤレス充電」「最新のWi-Fi規格(Wi-Fi6)に対応」など、その他の機能・スペックも充実しています。
コスパ重視でスマホを選ぶ人には最も良い選択肢の一つになりそうです。

コンパクトで片手操作もしやすい

コンパクトなサイズ感も注目です。
高さ 138.4mm、幅 67.3mm、厚さ 7.3mmと今回紹介しているスマホの中で1番コンパクトです。

最近のスマホは、とくに性能の高い機種ほど、サイズが大きくなる傾向があります。
大画面で動画やゲームが楽しめるメリットはありますが、「片手で操作できない」「ポケットに入りにくい」などはデメリットです。
「大画面よりも、コンパクトサイズが嬉しい」と感じている方にiPhone SEはぴったりです。

使い勝手の良いコンパクトスマホを探してる人には貴重な選択肢になるでしょう。

2位 Galaxy S20 5G :スペック最高クラスの5Gスマホ

Galaxy S20 5G :スペック最高クラスの5Gスマホ
画像出典:au

スペックにこだわりたい人には「Galaxy S20 5G」がおすすめです。
カメラもCPUも最高クラスで、スペック重視の人も納得の一台です。

おすすめポイントは以下の2点です。

  1. 「30倍ズーム」「8K動画」対応のカメラ
  2. 超高品質なディスプレイ
Galaxy S20 5Gを探す

「30倍ズーム」「8K動画」対応のカメラ

6,400万画素の望遠カメラ搭載で、ズーム撮影に強いのが特徴です。
ズーム倍率は最大で30倍。
他のスマホで撮れないような高倍率でのズーム撮影ができます。

そのほか、超高画質の8K動画の撮影にも対応しています。
8Kモニターなどで高画質の動画を楽しめるだけでなく、フレームの一つ一つから3,300万画素の高画質の写真を取り出すことが可能です。
何気なくカメラを向けておけば、決定的な瞬間をバッチリ写真におさめることができるでしょう。

Galaxy S20 5Gを探す

超高品質なディスプレイ

ディスプレイは多くのスマホのワンランク上の解像度である「Quad HD+」を採用。
キメ細かい画質でゲームも動画も楽しむことができます。
とくに古いスマホから乗り換えると、一目で「キレイになった」と感じるはずです。

そのほか、Galaxy S20 5Gでは「リフレッシュレート120Hz」の高速表示が選択できます。(解像度はフルHD+に制限)
リフレッシュレートはディスプレイが1秒間に表示できるコマ数です。
Galaxy S20 5Gの場合は1秒間に120コマの表示が可能です。
多くのスマホの2倍の表示速度となります。
120Hzの高速表示により、動画やページのスクロールが滑らかに見えます。
ワンランク上の映像体験が楽しるでしょう。

Galaxy S20 5Gを探す

3位 Redmi Note 9S:コスパ最強の大画面スマホ

Redmi Note 9S:コスパ最強の大画面スマホ
画像出典:Xiaomi

コスパ重視で超格安のスマホを探しているなら、Redmi Note 9Sがおすすめです。
2020年の超格安のスマホとしては随一のコスパを誇る機種です。
2万円台の価格帯ながら「4眼カメラ」「ゲームもこなせるCPU」など充実のスペックです。

おすすめポイントは以下の2点。

  1. ゲームもこなせるCPUを搭載
  2. 超広角・マクロに対応した「4眼カメラ」

ゲームもこなせるCPUを搭載

CPUは「Snapdragon 720G」を搭載。
最高クラスではないものの、ゲームもかなり快適にこなせるレベルのCPUです。

普段使いとしてはもちろん、「たまにはゲームもしたい」というユーザーも満足のいく性能となっています。

2万円台のスマホでこれほど高いCPUがあるスマホはほとんどありません。
超格安でゲームもできるスマホが欲しい人には注目の一台です。

超広角・マクロに対応した「4眼カメラ」

カメラは、メインカメラ、超広角、マクロ、深度測位の4眼カメラです。
メインカメラは4,800万画素と高画素で、2万円台のスマホながら、かなりキレイな写真が撮れます。

そのほか、超広角カメラ、マクロカメラを搭載することで、様々な撮影シーンに対応可能です。
超広角カメラを利用すれば、画角を広げての撮影が可能です。
広い風景を一枚の写真におさめたい時や大人数での集合写真などで重宝するでしょう。
マクロレンズを利用すれば、超接写での撮影も可能です。
写真の幅が一気に広がります。

4位 Xperia 1 II:ディスプレイが綺麗&進化したカメラ性能

 Xperia 1 II:ディスプレイが綺麗&進化したカメラ性能
画像出典:au

Xperia 1 IIは5G対応、カメラ性能の向上など、前モデルの「Xperia 1」から大きく進化した一台です。

おすすめポイントは以下。

  1. ディスプレイは「4K」解像度
  2. 「ZEISSレンズ」採用のカメラ
※Xperia 1 IIについて詳しく紹介しています。参考にしてみてください。
Xperia 1 IIを探す

ディスプレイは「4K」解像度

4K解像度のディスプレイを採用。
画面のキメ細かさ・美しさはピカイチです。
他のスマホと比べても一段上のクオリティの映像が体感できます。

また、Xperia 1 IIならではの「縦長のデザイン」のディスプレイも注目です。
縦長ディスプレイのメリットとして大きいのが「2画面に分割しての操作が快適にできる」という点。
他のスマホの画面分割に比べ、それぞれを自然なサイズで表示できます。

「動画を見ながらTwitter」「LINEをしながら地図アプリを見る」などマルチタスクをしたい人は、とくに便利感じるでしょう。

Xperia 1 IIを探す

「ZEISSレンズ」採用のカメラ

カメラレンズには、レンズブランドで有名な「ZEISS」と協業し、ZEISSレンズを搭載しています。

機能としては「最高20コマ/秒の高速連写」「リアルタイム瞳AF」などソニー独自の機能が数多く盛り込まれています。
「リアルタイム瞳AF」は被写体の瞳を自動検出し、ピントを合わせる機能です。
被写体の瞳を瞬時に検出し、リアルタイムで追従してくれます。
ソニーのミラーレス一眼などで搭載されている機能ですが、これをスマホに持ってきた点は注目ですね。

Xperia 1 IIを探す

5位 Reno3 A:おサイフケータイ・防水のコスパスマホ

画像出典:楽天モバイル

おサイフ・防水対応でコスパの高いスマホを探しているなら、おすすめは「OPPO Reno3 A」です。

おすすめポイントは以下。

  1. 欲しい機能をもれなく搭載
  2. カメラ・ディスプレイもスペック高め

欲しい機能をもれなく搭載

OPPO Reno3 Aは、コスパに強みのある中華メーカーのスマホながら、おサイフケータイ・防水にしっかり対応しています。

そのほか「画面指紋認証」にも対応。ディスプレイ上での指紋認証が可能です。
もちろん顔認証にも対応しています。

そして急速充電「Quick Charge 2.0」にも対応し、約120分でフル充電が可能です。
バッテリー容量も4,025mAhと大容量です。

3万円台のスマホながら、ユーザーの欲しい機能をもれなく搭載しているのは嬉しいところですね。

カメラ・ディスプレイのスペックも高め

OPPO Reno3 Aは、カメラ、ディスプレイなどスペック面も非常に充実しています。
カメラは4800万画素のメインカメラを含む4眼カメラ。
格安のスマホながら写真の質はかなり期待できます。
超広角カメラで画角を広げた撮影ができる点もポイントですね。

ディスプレイは6.4インチの有機ELディスプレイ。
解像度もフルHD+と高めです。
鮮やかな画面で動画もネットも楽しめます。

スマホを選ぶときのポイント

スマホを選ぶときのチェックポイントをまとめると以下の通りです。

  • 本体サイズと重さ
  • カメラ性能
  • CPUと内蔵メモリ(RAM)
  • ストレージ(ROM)
  • バッテリー容量
  • ディスプレイ

それぞれ具体的な目安を紹介していきます。それぞれ見ていきましょう。

本体サイズと重さ

本体サイズのザックリとした目安は以下の通り。
ディスプレイサイズを目安に本体サイズを見ていくと比較がしやすいです。

▼サイズの目安

ディスプレイサイズ評価・コメント
5.8インチ以下
(140g~160g程度)
コンパクト
片手操作に向いてる
6.0インチ前後
(160g~180g程度)
中間サイズ
大きすぎず小さすぎず
6.5インチ以上
(190g以上)
大サイズ
両手での操作が基本

※カッコ内の数字はそのサイズで選んだ時の重さの目安

コンパクトなスマホを求めるなら5.8インチ以下がおすすめです。
「iPhone SE(第2世代)」や「Pixel 4a」といったスマホがこのサイズに該当します。

「画面も大きめで、サイズも大きすぎず」というスマホを求めるなら6.0インチ前後のスマホが良いでしょう。
スペックの高い機種だとこのあたりが最小サイズです。

大画面を求めるなら6.5インチ以上のサイズがおすすめ
ポケットに入れると存在感があり、手に持った時もズッシリきますが、大画面はやはり魅力です。

それぞれのサイズにそれぞれのメリットがあるので、好みに合わせて選んでみると良いでしょう。

カメラ性能

カメラ性能でチェックしておきたいのは以下の2点。

  1. カメラレンズの構成
  2. 画素数

カメラレンズの構成

まずはカメラレンズの構成です。

最近ではメインレンズのほかに、超広角レンズ、望遠レンズなども合わせて搭載した「デュアルレンズカメラ」「トリプルレンズカメラ」のスマホも増えています。

▼カメラレンズの種類

メインレンズメインのカメラレンズ
超広角レンズ画角の広い超広角撮影が可能
望遠レンズクッキリしたズーム撮影が可能
マクロレンズ超接写での撮影に対応

どんなレンズも搭載しているかで、そのスマホが得意な写真も決まってきます。
レンズの構成ははぜひ押さえておきましょう。

画素数

カメラをチェックするなら「画素数」も重要です。

スマホのカメラとなると、センサーサイズ・画像処理の精度など細かい話もありますが、画素数を見ればざっくりと「カメラに力を入れているスマホなのか」が分かります。

4,000万画素以上のカメラを一つ以上備えていると、カメラにも力を入れていることが分かります。
スペック上の数値からカメラを判断するときは、レンズの種類と画素数はぜひチェックしておきましょう。

サクサク利用するためのCPUと内蔵メモリ(RAM)

スマホがサクサク動くかについては、「CPU」と「内蔵メモリ(RAM)」の2つをセットでチェックしておくと良いでしょう。

CPU

CPUはスマホの頭脳にあたるパーツです。
性能が高いほど処理速度が高く、ゲームがサクサク動きます。

Android、iPhoneそれぞれでのCPUの目安は以下。

▼AndroidのCPUの目安(Snapdragonの場合)

CPU評価・コメント
Snapdragon 800番台ゲームも超快適
Snapdragon 700番台ふだん使いはサクサク
ゲームもOK
Snapdragon 600番台ふだん使いもややモッサリの場合もあり

▼iPhoneのCPUの目安

CPU評価・コメント
A13 Bionic(iPhone 11など)
A12 Bionic(iPhone XSなど)
ゲームも超快適
A11 Bionic(iPhone 8など)ふだん使いはサクサク
ゲームもOK

内蔵メモリ(RAM)

内蔵メモリ(RAM)は一時的に情報を保存するための容量です。
容量が大きいほど、たくさんの情報を同時に処理できます。

内蔵メモリによって、アプリを同時に立ち上げた時や、高負荷の最新ゲームをプレイする時の「サクサク感」に違いが出てきます。

▼内蔵メモリの目安

内蔵メモリ(RAM)評価・コメント
4GB少なめだが普段使いならOK
6GB普段使いはサクサク。ゲームもOK
8GB・12GB最新ゲームのプレイにも最適

6GB以上あると基本は安心で、8GB以上あるとゲーム向きという感じです。
普段使いとしてスマホを使うのか、ゲームも快適にプレイしたいのかなど目的に合わせて選んでいきましょう。

沢山保存するためのストレージ(ROM)

スマホの中のデータの保存容量である「ストレージ」についても、スマホを選ぶ際にチェックしておきましょう。

▼ストレージ(ROM)の目安

ストレージ(ROM)評価・コメント
64GB以下アプリもそこそこしか入れない
動画・音楽もたくさんは保存しない
128GB以上アプリをたくさん入れる
動画・音楽をたくさん保存する

「アプリをたくさん入れる」「動画・音楽をたくさん保存する」という人は、128GB以上がおすすめです。
一方で、アプリもそこそこしか入れない、動画・音楽もたくさんは保存しないというのであれば64GB以下でもOKです。

また、SDカードが使えるかも機種によって異なります。
SDカードが挿入できる機種なら、スマホの購入後に容量アップも可能です。
内臓のストレージの容量と合わせて、SDカードスロットの有無も確認しておきましょう。

バッテリー容量

バッテリー容量の目安としては以下の通りです。

▼バッテリー容量の目安

バッテリー容量評価・コメント
3,000mAh以下電池持ちがやや不安
3,500mAh前後平均的
4,000mAh以上容量多めで安心

もちろん大サイズのスマホほど容量の消費が激しいので、スマホサイズとセットで見る必要がありますが、ザックリの目安としては上記で見ていけばOKです。

4,000mAh以上以上あると、大容量なので電池持ちについてはかなり時間が期待できます。
1日の中に長時間の動画視聴やゲームのプレイがある人も安心です。

一方で3,000mAh以下になってくると、電池持ちは少し不安です。
動画やゲームでスマホをたくさん使う人には向きません。

とくに重量の軽さが売りの機種だと、バッテリー容量が少なめのケースもあります。
重量と合わせてバッテリーもチェックしておきましょう。

ディスプレイ

ディスプレイのチェックポイントは以下の2点です。

  1. 表示形式(液晶 or 有機EL)
  2. 画面の解像度(Full HD+、Quad HDなど)

表示形式(液晶 or 有機EL)

まず、表示形式(液晶 or 有機EL)を押さえておきましょう。
おすすめは有機ELです。
液晶に比べると色のメリハリが強く、動画も文字もクッキリ見えます。

格安の機種を買うとなると液晶の機種も増えてきますがディスプレイにこだわるなら有機ELがおすすめですね。

解像度

解像度については、Full HD+以上がおすすめです。

▼画面の「解像度」の目安

解像度評価・コメント
Full HD少し低め
Full HD+そこそこ良い
Quad HD+すごく良い

迷ったら「有機ELで、Full HD+以上のディスプレイ」を目安に選んでみると良いでしょう。

おすすめスマホ まとめ

スマホの選び方、おすすめのスマホランキングを紹介しました。

自分にぴったりのスマホを選ぶには、「どんなふうにスマホを使いたいか」を少し具体的にイメージしておくのが大切です。
ふだんの自分のスマホの使い方を思い返してみるとイメージが付きやすいはず。

ぜひ「自分のスマホの使い方」と紹介した「おすすめポイント」を照らし合わせてみて、ぴったりのスマホを見つけてみてくださいね。

※今回紹介した各通信事業者の料金について詳しく紹介しています。参考にしてみてください。
スポンサーリンク