【2020年】タブレットおすすめモデル11選!目的別おすすめモデル

持っていると何かと便利なタブレット端末。
選択肢が多いのは良いけれど「結局どのタブレットがいいの?」と迷ってしまいがちです。

そこで今回は、iPad系3台Android系端末2台を持ち、常に今ベストなタブレットを追い求める私のおすすめタブレットを紹介します。
また、タブレットを選ぶための3つのポイントもご紹介!ぜひ、参考にしてみて下さい。

※記事内の価格は2020年10月09日時点のAmazonの価格になります。

スポンサーリンク

おすすめタブレット一挙紹介!

最初に利用シーン別におすすめタブレットををまとめました。

シーン別商品名イメージおすすめ理由価格
1万円前後でFire 7 タブレット安い!
詳しくみる>>
5,980円~
Lenovo Tab E8コスパ◎
詳しくみる>>
1万4,117円
動画・映画視聴したいHUAWEI MatePad迫力のあるサウンド
詳しくみる>>
2万9,799円
ゲームをしたいHUAWEI MatePad ProRAM6GBでスムーズな動き
詳しくみる>>
5万9,100円
11インチiPad Proゲーミングタブレットとして人気
詳しくみる>>
9万3,280円~
電子書籍・読書Kindle Oasis電子書籍専用リーダー
詳しくみる>>
2万9,980円~
旅行で使いたいLenovo Tab4 8 Plus薄さ7mm重さ300gでコンパクト
詳しくみる>>
2万5,575円
iPad miniバッテリーの持ちが12時間
詳しくみる>>
5万0,370円
仕事で使いたいSurface Go 2Microsoft社製
詳しくみる>>
5万2,720円~
iPad Air軽くて高性能
詳しくみる>>
5万8,080円~
子供用に使いたいFire HD 8 キッズモデルキッズ専用
詳しくみる>>
1万4,980円

1万円前後のおすすめタブレット

「初めてのタブレットなので、そんなに高級・高性能じゃなくていい」
「とりあえず安くて使えるタブレットが欲しい」
「1万円ぐらいで買えるタブレットってあるの?」

そんな人におすすめのタブレットを2つご紹介します!

商品名Fire 7 タブレットLenovo Tab E8
イメージ
メーカーAmazonLenovo
価格5,980円~1万4,117円
OSFire OS 7Android 7.0
本体サイズ192mm × 115mm × 9.6mm209mm × 123mm × 8.9mm
重量286g320g
画面サイズ7インチ8 インチ
Wi-Fiモデル
SIMフリーモデル
(LTE)
××
ディスプレイ解像度1024 × 6001280 × 800
RAM1GB2GB
ROM16GB/32 GB16GB
microSDカード
スロット
最大512GB最大128GB
CPU・コアクアッドコア1.3GHzMediaTek MT8163B
クアッドコア プ 1.30GHz
バッテリー最大7時間10時間
音質・オーディオモノラルスピーカー マイクドルビーアトモス
防水××
ペン有無××
ペアレンタルコントロール×

Fire 7 タブレット

Fire 7 タブレットは、基本的にAmazonプライムビデオやAmazon Kindleの電子書籍など、Amazonのコンテンツを楽しむためのデバイスです。
しかし普通のタブレットとして使えないというわけでもありません。

このタブレットの大きな魅力!それはなんといっても価格ですね。

驚きの安さ5,980円です。
とにかく「安いタブレットが欲しい」という人には、これをおすすめします。

注意すべき点は、Google Playが使用できないところです。
アプリは「Amazonアプリストア」からダウンロードします。
TwitterやFacebookといったポピュラーなものには対応していますし、ブランジングもできます。
しかし、アプリによっては取り扱いがないので要注意です!
(※Google Playを独自にインストールする方法もありますが、自己責任の世界なのでおすすめしません)

ちょっとできることに制限がありますが、それ以上に価格が魅力的なタブレットです。
初めてのタブレットとして、お試し感覚で購入するのもありですね。

※Fireタブレットについて詳しく紹介しています。参考にしてみてください。

Lenovo Tab E8

コスパのよいタブレットといえば、このLenovo Tab E8です。
1万5,000円でおつりのくる価格ながら、基本的な機能はしっかり搭載されています。

ただし、性能は高額モデルに比べると落ちるのも事実です。

重いゲームのプレイや、高画質での動画の視聴などではカクつきがでます。
しかしブラウジングやSNSの利用は普通に行なえますのでご安心を。

8インチとサイズもほど良く、バッテリーは10時間となかなかにタフです。

初めてのタブレットやタブレット入門機としておすすめです。

動画・映画視聴におすすめのタブレット

NetflixやAmazonプライムビデオなど、動画や映画を視聴する為のタブレットを探している人には……10インチの大きなタブレットがおすすめです。

HUAWEI MatePad!

商品名HUAWEI MatePad
メーカーHUAWEI
価格2万9,799円
OSEMUI 10.1
(Android 10ベース)
本体サイズ245mm × 155mm × 7.4mm
重量450g
画面サイズ10.4インチ
Wi-Fiモデル
SIMフリーモデル
(LTE)
ディスプレイ解像度2000 × 1200
RAM3GB
ROM32GB
microSDカード
スロット
最大512GB
CPU・コアHUAWEI Kirin 810
クアッドコア
バッテリー12時間
音質・オーディオHUAWEI Histen 6.0
防水×
ペン有無×
ペアレンタルコントロール×

パワフルなパフォーマンスと迫力のあるサウンドを楽しめるのが、HUAWEI MatePadの大きな特徴です。
4つのスピーカーが搭載され、メーカー独自のシステムと相まって、映画館にいるかのような音を楽しめます。

「タブレットでは主に映画や動画を見たい」という人は、このタブレットで心ゆくまで没頭して下さい。

ゲームにおすすめのタブレット

「タブレットの主な用途はゲーム!」という人には、価格は高めだけど高性能なモデルがおすすめです。

タブレットをゲームで使用する際、注目する点はRAMという項目です。
ROMと間違われ安い項目ですが、RAMとROMは別物です。

  • RAM:作業領域
  • ROM:保存領域

作業領域であるRAMは、ものに例えるとしたら作業台です。
作業台が広ければ広いほど、たくさんの道具や大きな道具を乗せられますよね?
つまりRAMが大きければ、多くのアプリや大きな容量のアプリを楽に起動できるわけです。

3Dゲームなどは容量が大きいものが多いので、RAMにこだわる必要があります。

商品名HUAWEI MatePad Pro11インチiPad Pro
イメージ
メーカーHUAWEIApple
価格5万9,100円9万3,280円~
OSHUAWEI EMUI10.1.0iPadOS
本体サイズ246mm × 159mm × 7.2mm247mm × 178mm × 5.9mm
重量460g468g
画面サイズ10.8インチ11インチ
Wi-Fiモデル
SIMフリーモデル
(LTE)
×
ディスプレイ解像度2560×16001668×2388
RAM6GB4GB
6GB(ROMが1TBの場合)
ROM128 GB(32GB)64GB/256GB/512GB/1TB
microSDカード
スロット
×
(独自規格の拡張メモリ有)
×
CPU・コアHUAWEI Kirin 990
オクタコア
A12
バッテリー12時間約10時間
音質・オーディオ4つのスピーカー
5つの内蔵マイク
4スピーカーオーディオ
防水××
ペン有無×
ペアレンタルコントロール××

HUAWEI MatePad Pro

充実のRAM6GBでスムーズなプレイングをあなたに!
マルチで高性能なモデルですが、快適なゲームライフの相棒としてもおすすめです。

RAMの容量だけではなく、最新CPUが搭載されていることにより情報処理も速いです。
自分の反応速度のままにゲームがプレイできます。

また、サウンドも4つのスピーカーからのサラウンド※なので、音が重要なゲームにもしっかり対応できますね。

※360°全方向から音が聞こえているかのようなサウンドシステム

11インチiPad Pro

いわゆるiPad Pro第2世代です。
発売は2018年11月7日とちょっと昔ですが、ゲーミングタブレットとしては人気です。

RAMも4GBとゲームをするのに不足はありません。

最新の第4世代iPad Proと比べるとスペックは落ちます。
しかし第4世代は安く抑えても10万円を超えてくる高額モデル、対して第2世代は約9万円~になっています。

「ゲーム用」と割り切ればかなりコスパがいいモデルです。

電子書籍・読書におすすめのタブレット

Kindle Oasis

これから紹介する商品は厳密にはタブレットではありません。
しかし!!「タブレットでは読書のみ」という人には絶対にこれです!

商品名Kindle Oasis
メーカーAmazon
価格2万9,980円~
OS-
本体サイズ159mm × 141mm × 3.4~8.4mm
重量188g
画面サイズ7インチ
Wi-Fiモデル
SIMフリーモデル
(LTE)
○(Wi-Fiモデル+無料4G)
ディスプレイ解像度300ppi
RAM-
ROM8GB/32GB
microSDカード
スロット
×
CPU・コア-
バッテリー約6週間
音質・オーディオ×
防水
ペン有無×
ペアレンタルコントロール×

スペック表が歯抜けだらけ?
仕方がないのです……Kindle OasisはAmazonが販売する電子書籍リーダーなのですから。

タブレットのようにアプリをダウンロードすることはできません。
音楽も聞けなければゲームもできません。
ブラウジングは一応できますが、実用レベルのブラウザではありません。

「じゃあ何ができるんだよ!」と問われたら、答えは1つ!
超快適に電子書籍を読めます。

普通のタブレットでも電子書籍は読めますが、長時間の読書ではブルーライトがあなたの目に突き刺さりまくります。
しかし電子ペーパー技術を用いたKindle Oasisなら心配無用!
ブルーライトは発せられておらず、安全に長時間読書することができるのです。

しつこいようですが、この端末は「読書しかしない」人向けです。

「読書がメインだけどブラウジングやSNSもちょっとするかも」という人は手を出してはいけません。

※Kindleについて詳しく紹介しています。参考にしてみてください。

旅行などにおすすめのタブレット

スマホより大きく地図を表示したり、旅先で連絡をしたり…旅行先でもタブレットを便利に使いたい!
そんな人にはコンパクトで軽量、SIMフリーモデル(LTE)に対応したモデルがおすすめです。

商品名Lenovo Tab4 8 PlusiPad mini
イメージ
メーカーLenovoAppl
価格2万5,575円5万0,370円
OSAndroid 7.1iPadOS
本体サイズ210.6mm × 123mm × 7mm203mm × 134mm × 6.1mm
重量300g300g
画面サイズ8インチ7.9インチ
Wi-Fiモデル
SIMフリーモデル
(LTE)
ディスプレイ解像度1920 × 12002048 × 1536
RAM4GB-
ROM64GB64GB/256GB
microSDカード
スロット
最大128GB×
CPU・コアQualcomm® APQ8053
オクタコア プロセッサー
A12
バッテリー8時間12時間
音質・オーディオドルビーアトモスステレオスピーカー
防水××
ペン有無××
ペアレンタルコントロール

Lenovo Tab4 8 Plus

薄さ7mm重さ300gと持ち運びにありがたいサイズ感と重さ!
これぞ旅行向きのタブレットです。

しかし軽量ながらもパワフルなRAMなので、旅先での連絡やSNSなどもサクサク行え、暇つぶしのゲームも快適にプレイできます。

Android系の旅行用タブレットとしては一番のおすすめです。

iPad mini

iOSタブレットで旅行向きなのは、軽くて小さいiPad miniです。
iPadシリーズの中で一番小さいながらも、性能がギュッと詰め込まれています。

普段使いから旅行まであなたをサポートしてくれるデバイスになることでしょう!
バッテリーが12時間という長さなのも、旅行の際にぴったりですね。

※iPad miniについて詳しく紹介しています。参考にしてみてください。

仕事用におすすめのタブレット

近年のタブレットはもはやノートパソコンと遜色ない機能・性能を持つものが増えています。
ビジネスシーンに欠かせないOfficeが搭載されているとより便利で、心強い相棒となりますよ。

商品名Surface Go 2iPad Air
イメージ
メーカーMicrosoftApple
価格5万2,720円~5万8,080円~
OSWindows 10 HomeiPadOS
本体サイズ245mm × 175mm × 8.3mm250mm × 174mm × 6.1mm
重量544 g456 g
画面サイズ10.5 インチ10.5インチ
Wi-Fiモデル
SIMフリーモデル
(LTE)
ディスプレイ解像度1920×12802224×1668
RAM4GB/8GB-
ROM64GB/128GB64GB/256GB
microSDカード
スロット
128GB×
CPU・コアIntel® Pentium® Gold Processor 4425Y
第8世代 Intel® Core m3 プロセッサ
A12
バッテリー最大10時間約10時間
音質・オーディオデュアル スタジオ マイク
Dolby® Audio™ 搭載
ステレオ スピーカー
4スピーカーオーディオ
防水××
ペン有無
ペアレンタルコントロール

Surface Go 2

仕事でWindowsやOfficeを主に使用している人には、Surface Go 2がベストなタブレットです。

ほぼノートパソコンと同じように扱えるので快適です。

スタイラスペンもついており、メモを書き込むことができるのも便利ですね。

キッズモードもあるので、「ノートパソコンはまだ早いけど…」という子供向けにもピッタリのモデルです。

iPad Air

ビジネスで主にMacを使用している人向けのタブレットは、iPad Airです。
Apple製品は製品同士の同期のスムーズさにおいては別格ですからね!

小さすぎない10.5インチの画面で仕事がしやすいモデルになっています。

※iPadについて詳しく紹介しています。参考にしてみてください。

子供用におすすめのタブレット

Fire HD 8 キッズモデル

子供のためにキッズモードやペアレンタルコントロールがついているモデル、近年増えています。
ですがこれから紹介するのは、キッズ専用のタブレットです。

商品名Fire HD 8 キッズモデル
メーカーAmazon
価格1万4,980円
OSFire OS
本体サイズ233mm × 184mm × 26mm
重量550g
画面サイズ8インチ
Wi-Fiモデル
SIMフリーモデル
(LTE)
×
ディスプレイ解像度1280 × 800
RAM2GB
ROM32GB
microSDカード
スロット
最大1TB
CPU・コアクアッドコア
バッテリー最大12時間
音質・オーディオデュアルスピーカー
防水×
ペン有無×
ペアレンタルコントロール-

子供が楽しく使えるタブレット、それがFire HD 8 キッズモデルです。
キッズカバーがついており、落下や汚れにも強いです。

また、年齢を設定することで、その年齢にピッタリの絵本や学習アプリなどの知育コンテンツを紹介してくれます。
15分単位での利用時間設定もあり、タブレットへ没頭しすぎないようにサポートしてくれるのも良い機能です。
学習タイムやベッドタイムなどの設定もできるので、生活のメリハリをつけるのにもお役立ち!

子供用タブレットとしては、これ以上のものはありませんね。

※Fireタブレットについて詳しく紹介しています。参考にしてみてください。

メーカー別おすすめタブレット

お気に入りのメーカーや、気になるメーカーのタブレットを見たいあなたに……メーカー別でおすすめタブレットの紹介です。

Amazon

もはや紹介をすることもはばかられるほどの大企業Amazon!
ショッピングや動画配信……様々な分野での巨人です。

Amazonが販売するタブレットは、Amazonが配信するコンテンツのために作られているという特徴があります。

Fire 7 タブレット

  • 安くて使えるタブレットが欲しい
  • ブラウジングやSNSができればOK

 

Fire HD 8 キッズモデル

  • 子供用のタブレットが欲しい
  • 幼児期から安全安心に使えるモデルが欲しい

 

Kindle Oasis

  • タブレットで読書しかしない人
  • とにかく快適に読書がしたい人

Apple

MacやiPhoneといったシンプルかつおしゃれな電子機器で、世界中に熱狂的なファンを持つApple。

Appleのタブレットの魅力は、他のApple製品とのスムーズな連携機能です。
あなたがApple製品を1つでも持っているならば、タブレットもAppleがおすすめです。

iPad Air

  • 仕事で使いたい人
  • 家でも外出先でも快適に使いたい人

 

iPad mini

  • どこにでもタブレットを持っていきたい人
  • 旅行用のタブレットを探している人

HUAWEI

最近ニュースでよく耳にする会社HUAWEIは、中国の通信機器メーカーです。
5GやAI分野ではトップを争うほどの技術力を持ちます。

高性能なのに価格が他メーカーの同性能モデルよりも安いことが多く、コスパの王様でもあります。
HUAWEIのタブレットの特徴は、鬼コスパという点、そして最新技術を惜しみなく注いでいるという所です。

ただし、アメリカに禁輸措置を取られているため、Googleのモバイルアプリは一切使えないという大きなデメリットがあります。

HUAWEI MatePad Pro

  • 高機能・高性能なタブレットが欲しい人
  • とにかく最新モデルがいい人
  • 重いゲームをプレイしている人

 

HUAWEI MatePad

  • コスパ抜群の商品が好きな人
  • ほどよく何でもできるモデルが好みな人
  • 重いゲームをプレイしている人

Lenovo

Lenovoは中国のパソコンメーカーで、かつてパソコン界の帝王であったIBMを買収した会社です。

現在はNECと合併し、日本でも大分おなじみのメーカーになってきました。
中国メーカーでありながらレノボの工場は山形県米沢市にあり、その商品はふるさと納税の返礼品にもなっているんですよ!

山形県米沢市のふるさと納税を見る >>

日本製にこだわりたい人にはぴったりのメーカーです。

Lenovo Tab4 8 Plus

  • コンパクトサイズを利用したい人
  • 旅先でもタブレットを活用したい人

 

Lenovo Tab E8

  • コスパの良いタブレットを探している人

Microsoft

押しも押されぬOS界の王!
Windowsを生んだMicrosoftは、ソフトウェアをメインに扱う会社ですが、近年では独自のデバイスの開発もしています。
タブレットもその1つですね。

Microsoftのタブレットの特徴は、ビジネスシーンで力を発揮し、Officeをスムーズに使えるところです。

Surface Go 2

  • Officeをタブレットでも使用したい人
  • 仕事の片腕としてのタブレットを求めている人

タブレットを選ぶ3つのポイント

ベストなタブレットを見つけるためには、3つのポイントを押さえておくと失敗しにくいです。

ポイント1:画面サイズ

画面のサイズは大体7インチから11インチ以上となっています。

映像をよく見る人ならば、10インチ~の大きな画面が良いです。
気軽にどこにでも持っていきたい人は、重さを考え小さな画面の方が便利ですね。

どんな場所で、どんな使い方をするつもりかを考えると、自ずと画面の大きさも決まってきますよ。

Amazonでタブレットを探す >>

ポイント2:OSはどれにする?

ソフトウェアであるOS、それぞれ操作性が異なります。

現在販売されているタブレットは

  • Android
  • iOS
  • Windows

この3つのいずれかです。

Androidスマホユーザーであれば、Androidタブレットの操作感はおなじみのものでしょう。
iPhoneユーザーならばiPadは同じ感覚で使用できます。

「いちいち操作でとまどいたくない!」と思う人は、スマホのOSと同じOSを選ぶと失敗が少ないというわけです。

WindowsのOSはパソコンでOfficeを使用していたり、Windowsを搭載したPCと連携したい人向けになっています。
Officeをどこでも手軽に使用したい人は、WindowsOSのタブレットをフル活用できることでしょう。

Amazonでタブレットを探す >>

ポイント3:インターネット通信方法

タブレットはWi-FiモデルとSIMフリー(LTE通信)モデルがあります。

Wi-FiモデルはWi-Fiがある場所でなければ通信を行えません。
しかし、LTEモデルであればSIMカードを入れることでどこでも通信可能です。

主に家で使う場合や、必ずFreeWi-Fiスポットで使うというならば、Wi-FiモデルでOKです。
家にWi-Fiを引いていない人や、いろいろな場所で手軽に通信したい!という場合は、LTEモデルがストレスフリーですね。

この3つのポイントを押さえて、ぜひあなたにとってベストなタブレットを探してみてくださいね。

スポンサーリンク