みなさんどうもこんにちは。エルパ(@elppapr)です。

 

5月にHuaweiより新型タブレットHuawei MediaPad M5シリーズが発売され、Androidタブレットの決定版的存在のHuawei MediaPadの新型ということで大いに注目を集めました。

 

ただここで気になるのが、前モデルのM3やM3 liteと比較してどうなのかというポイントでしょう。

前モデルを持ってる人からすれば買い換える価値はあるのか、新しく買う人からすれば前モデルを安く買うのか最新モデルを買うのかという選択に大きく影響してきます。

最新のモデルが発売されてなお、Amazonや価格コムで最新モデルより上位に前モデルがランキングされているなど、必ずしも最新のM5シリーズを買うことが万人におすすめなわけではありません

 

そこで今回は新しく発売されたHuawei M5シリーズとM3・M3Liteシリーズを比較して、それぞれの端末がどんな人におすすめなのか、Huaweiのタブレットの中でどれがおすすめなのかについて見ていきたいと思います。

 

なお、最新のM5シリーズの2つについてはそれぞれ別記事でレビューしていますので、よろしければそちらもどうぞ。(記事末尾にもリンクがあります。)

スポンサーリンク

Huawei M5 Pro/M5

5月18日に発売された最新モデルは

  • Huawei M5 Pro(10インチ)
  • Huawei M5(8インチ)

の2種類です。

 

M5 Proには4096段階の筆圧を感知する「M-Pen」も付属しており、iPadのApple Pencilを意識したアップデートとなっています。

また8インチサイズのM5も2年以上アップデートのない8インチiPadのmini 4に変わる存在になるのではと期待が高まっています。

いずれも最新のスペックで、Androidタブレットで最新・最高を目指すならこれといった商品となっています。

 

一方で、最新のスペックが必要ないという人にとっては前モデルも値段などで重要な選択肢になりますので、ここから比較していきます。

M5・M3lite・M3 Lite 10 wp・M3

ここで比較に入る前に、今回扱う3機種の基本的なデータについて押さえておきます。

既に知っているという方は次の見出しに進んでください。

 

まずそれぞれの立ち位置ですが、最初に2016年12月にM3が発売され、そのLiteモデルとして2017年8月にM3 Liteが発売され、その後防水機能・ワンセグ機能が追加されスペックアップしてM3 Lite wpが発売され、今回2018年5月にM5が発売されるという時系列になっています。

 

そして、M3は8インチサイズ、M3 Lite wpは10インチサイズ、M3LiteとM5はそれぞれに8インチサイズのコンパクト版と10インチサイズモデルの2種類が展開されています。

またM3 Liteにはwpというワンセグ・フルセグ搭載で防水のモデルもあります。

 

それでは早速比較していきます。

主なスペック

タブレットを選択する上で重要な選択肢を表でまとめると以下の通りです。

M5 Pro

M3 Lite 10

M3 Lite10 wp

M5

M3

M3 Lite 8

サイズ

10.8インチ

10.1インチ

10.1インチ

8.4インチ

8.4インチ

8.0インチ

重量

500g

460g

465g

320g

310g

310g

OS

Android 8.0

Android7.0

Android7.0

Android8.0

Android6.0

Android7.0

CPU

Kirin960

Snapdragon 435

Kirin 659

Kirin960

Kirin950

Snapdragon435

RAM

4GB

3GB

3GB

4GB

4GB

3GB

ストレージ

64GB

32GB

32GB

32GB

32GB・64GB

32GB

解像度

2560×1600

1920×1200

1920×1200

2560×1600

2560×1600

1920×1200

インターフェイス

USB-C

microUSB

microUSB

USB-C

microUSB

microUSB

タッチペン

M-Pen

×

×

×

×

×

LTEモデル

×

×

防水

×

×

×

×

×

テレビ対応

×

×

×

×

×

詳しくみていきます。

サイズ・重量

8インチか10インチというサイズや重量は目的によって大きく変わる重要な選択ポイントです。

  • 8インチ→M5・M3・M3 Lite8
  • 10インチ→M5Pro・M3 Lite10

また8インチサイズは約300g、10インチサイズは500g弱と重量にも差があります。

 

外に持ち運んだり寝転びながら使いたいという、重量やコンパクトさを重視する方は8インチタブレットを、家が中心であったり大画面で楽しみたいという方は10インチを選択してください。

ちなみに私の好みは8インチサイズです。

性能

性能順に並べると

M5・M5pro>M3>M3 Lite10 wp>M3 Lite

となっています。

 

ですから当然グラフィックスを多用する最新のゲームや動画や画像などを扱う重たい作業をするためにはM5、M5 Proを選ぶことがおすすめです。

ただ動画の視聴や雑誌を読んだり、軽いゲームで遊ぶといったようにタブレットでやりたいことが軽い作業中心でしたら、M3 Liteでも十分なスペックですし、wp以上であれば言わずもがなです。

自分にあったスペックを選んでください。

インターフェース・機能・付属品

充電ポート|USB-C・microUSB

  • USB-C→M5 Pro、M5
  • micro USB→M3、M3Lite10・wp、8

最新モデルからはUSB-Cが搭載され、急速充電にも対応するようになっています。

またMacやSurfaceなどと統一できるという意味でもメリットがあり、個人的にはUSB-C搭載というのはかなり重要なポイントです。

イヤホンジャックの有無

またイヤホンジャックでは

  • イヤホンジャックあり→M3、M3 Lite10、8
  • イヤホンジャックなし→M5 Pro、M5、M3 LITE wp

と最新版からはイヤホンジャックがなくなっています。

 

iPhoneを見てもこれが時代の流れであることは間違い無いのですが、タブレットはゲームや動画で使うことも多く音声のリアルタイム性が重要視されるということから残念な進化と言わざるを得ません。

もちろんUSB-Cとイヤホンジャックの変換アダプタは付属していますが、充電しながら使えませんし何より不恰好です。

M-pen

また付属品として、M5 Proには専用のスタイラスペンM-penが付属しています。

ただ、こちら実際に使用したところ、確かに市販のスタイラスペンと比較すると最適化されており書き味も良いと感じるのですが、Apple Pencilと比較すると劣っていると言わざるをえません。

 

Apple Pencilと比較すると苦戦するとはいえ、専用スタイラスとして劣っているということもないですし、充電のしやすさなどはグッドです。

ただ価格の価値があるのかと言われれば、「うーん」というレベルです。

レビュー記事ではより詳しく触れているのでよろしければどうぞ。

M3 Lite 10 wpの防水、フルセグ・ワンセグ

またシリーズの中でも大きな違いがあるのがwpの防水とテレビ機能です。

wpはIPX7等級の防水性能となっており、これは30分間水につけても問題ないというレベルで相当高いレベルの防水です。

当然お風呂でも問題なく利用できます。

 

またフルセグ機能搭載ということもあり、持ち運べるテレビとしても重宝します。

防水&フルセグ対応で3万円台からというのは他になかなかないので、wpは非常に独自色の強い価値のあるタブレットと言えるでしょう。

価格

最も重要といってもいい価格についても触れておきます。

価格

M5 Pro

53386

M3 Lite 10

27200

M3 Lite10 wp

36333

M5

39928

M3

28597

M3 Lite 8

23184

8月24日時点でのAmazon価格です。(変動の可能性があります。購入時にご確認ください。)

 

まとめ

ここまでHuaweiのMediaPadシリーズの比較をみてきました。

使用用途別にまとめると

  • 最新の10インチAndroidタブレットを使いたい→M5 Pro
  • 安価ながら品質も高い10インチタブレットを使いたい→M3 Lite 10
  • 防水・タブレットでテレビなどを楽しみたい→M3 Lite 10 wp
  • 最新の8インチタブレットを使いたい→M5
  • 価格とスペックのバランスのとれた8インチタブレットを使いたい→M3
  • 安価ながら品質も高い8インチタブレットを使いたい→M3 Lite 8

といった感じです。

おすすめの端末

と、用途別にあげれば上の通りですが、この中で特におすすめの端末を選ぶならば、M3 Lite、M3Lite 10 wp、M5です。

 

M3 Liteはタブレットを安く買いたい、けどFireタブレットのような独自ブラウザで貧弱なのは困るという方におすすめです。

M3 Lite wpは防水やテレビ対応などからiPadなどでは置き換えられない独自性があり、現にAmazonでも4位と売れ続けており、非常に人気の商品です。

M5はiPad mini4の後継機が長らく発売されない中、最新スペックの8インチタブレットとしてかなり重要な位置を占めます。

根強い人気を誇るコンパクトタブレットとして人気を博するのではないでしょうか。

レビュー記事ではiPad mini 4との比較という観点でも見ていますのでよければあわせてご覧ください。

 

M5 Proに関しては、iPad(第6世代)の方がコスパも良くていいかなというのが正直な感想で、M3はM3 LiteとM5の間でどっちつかずな中途半端なモデルとなってしまっています。しかも2016年発売のモデルですしね。

最後に

ということで、ここまでMediaPadシリーズを比較してきました。

必ずしも最新モデルが皆さんにおすすめとは限らないとわかっていただけたのではかと思います。

価格と性能と機能などのバランスを考えて、自分にあったタブレットを選んでください。

 

以上!

 

タブレットのおすすめはこちら

 

関連記事

 

スポンサーリンク
関連記事