ワイヤレスイヤホンを購入する時、知名度的にも、そしてiPhoneの使用率の高さ的にも、選択肢に入ってくるのがAirPodsです。

ただ、Air Podsは1万6千円とこれまでワイヤレスイヤホンを購入してこなかった方々からすると高く感じられ、果たして自分はAir Podsを購入して価格分の価値を得られるだろうかと、購入を悩まれる方も多いでしょう。

 

そこで今回は、完全ワイヤレスイヤホンを多数所持しながらAppleファンという両方の観点を持つ私から見た、AirPodsを選ぶメリット・デメリットを紹介し、自分にはAirPodsがおすすめのワイヤレスイヤホンなのかということを確認し、購入の際の材料にしていただけると幸いです。

 

スポンサーリンク

AirPods

AirPods

AIrPodsは2016年にイヤホンジャックが撤廃されたiPhone 7と同時に発表されたワイヤレスイヤホンで、その耳からうどんと称されることもある独特のデザインが特徴の商品です。

従来のイヤホンとは違い左右がケーブルで繋がれておらず、完全に分離している完全ワイヤレスイヤホンで、当時はそこまで浸透していなかった完全ワイヤレスイヤホンという分野を大いに盛り上げた、完全ワイヤレスイヤホンでシェアNo.1の商品となっています。

 

その後今年3月に第2世代が新しく発売されました。

AirPodsのメリット

まずはメリットから見ていきます。

メリットをざっと挙げると以下の通りです。

  • 完全ワイヤレスである
  • 接続の安定性・遅延の少なさ
  • ペアリングが超簡単
  • Apple製品との連携が抜群
  • 着け心地
  • Hey Siriが使える
  • ワイヤレス充電ができる

完全ワイヤレスである

これはAirPodsだからこそという話ではないですが、左右が分離した完全ワイヤレスイヤホンというのは大きなメリットです。

従来のようなケーブルのすれやケーブルの長さを配慮する必要などケーブルによって生まれるストレスを受けることなくストレスフリーに音楽を楽しめます。

接続の安定性・遅延の少なさ

左右が分離しているから当然ではありますが、上記のような快適性といったメリットがある反面、ケーブルがない分接続が不安定であったり遅延が大きかったりという問題が完全ワイヤレスイヤホンにはつきものでした。

 

その点AirPodsは、搭載チップや「耳からうどん」と称される耳から出ている部分も貢献して、非常に安定した接続でほとんど途切れることはなく、またゲームをしても違和感のない遅延の少なさを実現しており、完全ワイヤレスイヤホンのメリットを享受しながらそのデメリットを感じることがないという点は大きなメリットです。

2016年発売の初代は完全ワイヤレスイヤホン界でもトップクラスの安定性でしたし、完全ワイヤレス全体で接続安定性の向上が図られてきた現在でもAirPodsはトップクラスと言える出来となっています。

ペアリングが超簡単

ワイヤレスイヤホンのペアリングといえば、本体をペアリングモードにしてブルートゥース設定を開いてと一手間かかるのが通常です。

ですが、AirPodsは蓋を開けてiPhoneに近づけるだけでペアリングが完了するという、使い勝手の良さもメリットです。

Apple製品との連携が抜群

個人的にAirPodsである必要がある!と言える最も大きなメリットが、iPadやiPhoneやMacといったApple製品との連携の抜群度合いです。

 

通常は、元の端末で接続を切ってから別の端末に繋げる必要があるのですが、同じApple IDで紐づけられているApple製品であれば、iPhoneからMacへ、あるいはMacからiPadへといった端末の切り替えが変更したい端末でAirPodsを選択するだけで行えてしまうのです。

  • 通常:元の端末で接続をきる→新しい端末で接続
  • AirPods:新しい端末で接続

これによってMacで仕事をしているときはMacで接続して、移動するためにiPhoneで音楽を聴きたいときはワンタップで切り替えてといったようにApple製品間で非常に快適に利用することができます。

 

また、ペアリングに関しては最初にiPhoneと接続さえすればMacやiPadなどでは最初のペアリング作業をする必要がなく、その点も非常に便利なポイントです。

着け心地

これは人によって大きく価値観の分かれるポイントでメリット・デメリット両方で取り上げるポイントですが、着け心地です。

AirPodsは有線版のEarPodsと同じく、開放型と言われる耳にちょこんと載せるタイプなので、耳に負担が少なく特に作業中などながらでBGMを流す際には耳が疲れにくく快適に利用できます。

Hey Siri!が使える

ここからは第2世代で追加された機能で、まずは音声アシスタントのSiriが利用できるというポイントです。

音声アシスタントのSiriを物理動作なく、「Hey Siri!」と呼びかけることで起動できる機能となっています。

 

あまり便利さがピンとこない方も多いかもしれませんが、例えば食器洗い中や運動中などながら作業で手を使うのが大変といった際に、Siriを呼び出して音楽を進めたり止めたりできるのは実際に使ってみると便利と感じるポイントです。

ワイヤレス充電ができる

airpodsでワイヤレス充電

モデルにもよるのですがAirPods第2世代ではケースをワイヤレス充電することができます。

最近では他社の完全ワイヤレスでも対応している商品がちらほら出てきていますが、まだまだ少ないのでAirPodsならではと言えるメリットの一つとしてあげられるかと思います。

 

とはいえ、実際問題ワイヤレス充電は頻繁に充電するわけではないAirPodsでは便利とはいえ限定的で、5000円という価格差を考えれば諦めてもいい部分ではありますが。

AirPodsのデメリット

お次はAirPodsのデメリットとしては以下が挙げられます。

  • 開放型なので遮音性は低い
  • 音質はまぁまぁ
  • 対応コーデックがAACのみ
  • デザインが独特

 

単純なデメリットというよりは、他の製品と比較するとやや気になるかなといった部分が多めではありますが、それぞれ紹介していきます。

遮音性が低い

上では軽くて耳に負担が少ないとしてメリットとしてあげた装着感ですが、反面遮音性が低く特に騒音の大きい満員電車などで聴く際には音量を大きく必要があり音漏れが心配な部分はデメリットと言えます。

作業中や街中の移動などそこまで煩くない場所では特段気にならないポイントではありますが、上述のような例えば東京の満員電車を戦い抜く方からすると通常のカナル型のデザインの方が向いているかもしれません。

音質はまぁまぁ

音質は、開放型ということもあり低音は弱めで中高音寄りとなっています。

基本的にはクリアで自然なサウンドで、ながら聞きするのであれば十分すぎるほどに満足できるレベルですし、おそらくワイヤレスイヤホン初めてという人はワイヤレスなのにこんなに音質いいのかと思われる方も多いかもしれません。

 

ただ、20000円近い金額であることと、同価格帯の他社の製品と比較した時に、低音の質感や解像度などなど「音質」という面にフォーカスして考えた時にはAirPodsよりも優っている商品は他にあるのも正直なところです。

ですから、ほとんどの人にとっては問題ないですが、音質命みたいな人からするとややコスパが悪いと感じられるかもしれません。

対応コーデックがAACのみ

これはそこまで大きなデメリットでもありませんが、対応しているコーデックはAACのみです。

iPhoneで利用されるという人はもとよりAACのみで何の問題もないですが、aptXあるいはaptX HDといった上位コーデックに対応の機器をお持ちの方であればそちらに対応したイヤホンを選ぶというのも選択肢かとは思います。

 

※ほとんどの人は意識しなくていいポイントです。

詳しく知りたい方は「ワイヤレスイヤホンを選ぶときに知っておきたいSBC・AAC・aptXの違い、コーデックのお話。」で詳しく紹介しているので合わせてご覧ください。

デザインが独特

見てわかる通り従来のイヤホンのイメージからは大きく異なるデザインをしており、それは「耳からうどん」の愛称を考えてもお分かりの通りです。

発売当初とは違い現在は普通に浸透していますが、見てすぐわかる程度に目立つのは間違い無いですし、どうしても抵抗があるという方にとっては大きな選択のポイントです。

AirPodsはどんな人におすすめなのか

airpodsの外観

ここまで見てきたように、接続など通信の安定具合・連携やHeySiriなどの機能性など完全ワイヤレスイヤホンとして他社の製品と比較しても優れていておすすめできる商品でした。

一方で、遮音性の低さや音質のコスパやデザインなど個々人で判断が分かれるポイントもご覧いただきました。

 

このうえでおすすめな人とおすすめじゃ無い人をまとめると

AirPodsがおすすめな人
  • iPhoneなどApple製品を利用している人
  • 作業中などながら作業が多く軽い着け心地が好みの人
  • 機能性を重視したい人
  • Apple信者な人
AirPodsがおすすめでは無い人
  • 機能性よりも音質!な人
  • 安さにこだわりたい人
  • カナル型など遮音性を重視したい人
  • デザインが好みでは無い人
  • Androidの人

といった感じです。

基本的にはiPhoneユーザーであればファーストチョイスとして選択肢に上がってくるのは間違いない商品と言えます。

 

安い商品では無いですから、自分がAirPodsを購入して満足できるかどうかの参考にしていただければ幸いです。

以上!

 

AirPods以外の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめも知りたいという人は【2019】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ9選!コスパ抜群商品からハイエンド商品まで!で紹介していますので合わせてご覧ください。

 

スポンサーリンク