【レビュー】完全ワイヤレスイヤホンQ16が音質も装着感もコスパも良くてかなりおすすめ!!【SoundPEATS】

先日、プレゼント企画に当選して、Sound PEATSのQ16を手に入れました。

こちらが良い意味で想像を裏切る商品で、個人的にかなりおすすめできる商品だったのでレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

商品の概要

今回紹介したい商品はこちらSOUND PEATSのQ16です。

上の画像を見てもらってもわかります通り、こちらの商品ケーブルがなく、左右のイヤホンが独立している完全ワイヤレスなイヤホンです。

俗に言うトゥルーワイヤレスイヤホンというものですね。

Air Podsのようなスタイルです。

そして完全ワイヤレスなのに、1万円を優に超えるものとは違い、4000円強という非常にお手軽なお値段も魅力の一つです。

こちらの商品が、個人的には初めてのトゥルーワイヤレスイヤホンだったのですが、装着感や、音質など想像以上に素晴らしい商品でしたので、これから詳しく見ていきたいと思います。

開封

外箱はこんな感じです。

f:id:elppapr:20170830124715j:plain

SoundPEATSの定番の外箱ですね。

シンプルでいいです。

箱を開けるとケースが入っています。

f:id:elppapr:20170830124824j:plain

これまたSoundPEATSの定番の黒いケースです。

安価なイヤホンにもかかわらず、ケースが付いているというのは非常にありがたいポイントです。

そしてケースを開けるとイヤホン本体そして同梱物が入っています。

f:id:elppapr:20170830125020j:plain

同梱物は

  • イヤホン本体
  • 充電ケーブル
  • イヤーチップ
  • 説明書
  • 収納ケース

となっています。

外観・機能など

それでは、イヤホンについて見ていきたいと思います。

イヤホンはこういった形で、当然ながら左右独立しており、カナル型のイヤホンで、外れにくくするためのイヤーフックが付いています。

f:id:elppapr:20170830134327j:plain

中の赤色が差し色チックでおしゃれです。

そして操作ボタンはこんな感じになっています。

f:id:elppapr:20170830134511j:plain

 左から音量マイナスボタン、マルチファンクションボタン、音量プラスボタンとなっています。

長押しで曲の早送りなどを行ったり、電話がかかってくればマルチファンクションをワンタッチすることで電話に切り替わったりなどの様々な操作を行えます

ペアリング方法

こちらのイヤホンは左右独立ですから、それぞれのイヤホンの電源を別で操作する必要があります。

ペアリングの方法は、右側イヤホンのマルチファンクションボタンを長押しして、ペアリングを行い、その後おなじく左側イヤホンのマルチファンクションボタンも長押しして、ペアリングすることで、左右のイヤホンが同時に使用できるようになります。

ちなみに、最初のペアリング以降は、右側のイヤホンをつけると自動的にペアリングされ、その後左側のイヤホンをつければ、左もペアリングされます。

このように、右側のイヤホンが本体的役割を果たしています

ですから、右側のイヤホンのみを使用するということはできても、左側のイヤホンのみを使用するということはできないようになっています。

Q16のおすすめポイント

それでは、実際に使ってみてオススメ、よかったというポイントについて見ていきたいと思います。

音質

最初に気になるのは音質ですよね。

いくら他が良くても音質がボロボロで途切れ途切れの音声では意味がありませんもんね。

そして音質に関しては、かなりよかったです。

以前同じ会社のQ12のイヤホンでも音質がいいと言いましたが、それよりも音質は良く感じました。

はっきり言って、音質にはそこまで期待していなかったのですが、想像を良い意味で裏切る音質です。

SoundPEATSの特徴でもある、中低音重視でシャープな音質といった印象で、音楽を聴いていて非常に満足できるものです。

さらに音は非常にクリアで、不満に思う点は全くありませんでした。

遅延や途切れはない

Bluetoothイヤホン、そして特にケーブルレスということもあり、音がプツプツ途切れてしまったり、動画を見る際に音声が遅れて聞こえるということは当然心配なポイントでした。

しかしながら、こちらのQ16は一切途切れることがありません

少なくとも私が1週間利用した限りでは、途切れることはありませんでした。

そして、動画を見る際も遅延は感じられず、違和感なく使用することができました

ケーブルレス

そして最大の特徴であるケーブルレスが思いの外優れていました。

やはりケーブルがあるイヤホンを使っていれば、ケーブルの擦れる音やケーブルが邪魔だったりするときがあるかと思いますが、そういったケーブルの煩わしさから解放されるメリットは相当大きいと感じました。

当然ケーブルが絡まることもありません。

装着感が良い

そしてやはりケーブルレスイヤホンで気になるのは、装着感です。

左右独立ですから、外れて落とせばその被害がより大きいのはいうまでもありません。

このQ16はこのカナル型というフィット感、そして、イヤーフックで耳にぴったりと装着するため、全く外れる気配はありません。

ジムやランニングなど激しい動きの際も利用しましたが、外れそうになったこともありませんでした。

ですから運動の際にも最適の装着感とも言えると思います。

片方だけでも使える

そしてこちらの商品は、左右独立ということで、右側のイヤホンだけを使用することもできます。

そしてこちらの商品は、マイクも付いていますから、運転の際など、右側だけこちらを利用することで、電話を受けることで、ヘッドセット的な利用もできます

バッテリー

そしてこの商品は連続接続時間が6時間と非常に長時間使用することができます。

通常の独立型イヤホンよりもだいぶ長持ちです。

2時間3時間のものもありますし、Air Podsでも最大5時間ですから、ケーブルレスイヤホンでこのバッテリーの時間という、その凄さがわかっていただけるかと思います。

Q16の気になったポイント

上述のように非常におすすめポイントが豊富なのですが、当然気になる、うーんというポイントもありました。

そちらも見ておきたいと思います。

充電ケースがない 

Air Podsなどでは、充電可能な収容ケースが付いていますが、こちらの商品には専用の充電ケースはありません

ですから、上述のようなバッテリーの問題も他社製品でしたら、切れたら充電ケースに入れれば良いのですが、この商品はケーブルで充電しなければいけません。

ただ、ケースが付いているような商品というのは、1万円を超えてきますし、それらの3分の1という値段を考えれば、そこまで気になる点でもないかもしれません。

充電

そして、上述の点にも関わってくるのですが、こちらの商品は充電ケースがないから充電はケーブルで行わなければなりません。

付属のケーブルは二股で同時に充電できるようになっていますが、やはり不恰好さやかさばる感は否めません。



コスパが良くておすすめ

ということで、このイヤホンの特徴について見てきましたが、非常に満足度の高いイヤホンでした。

もちろん、ケースがないなどはありますが、お値段を考えれば大満足でした。

この価格帯とは思えない、音質、デザイン、装着感ともに想像を超えるレベルでした。

かなりコスパが良いと思います。

左右独立のケーブルレスイヤホンを使ってみたいけど、1万5千円以上支払ってAir Podsを買うお金はないという方であれば、ぜひ買ってみて間違いない商品だと思います。

運動をする際にもぴったりですから、そういった方にもおすすめです。

みなさんぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの完全ワイヤレスイヤホン5選についてはこちら!

www.elppar.com

ケーブルがあるおすすめワイヤレスイヤホンQ12はこちらの記事で紹介してますので、こちらもご覧ください!

www.elppar.com

スポンサーリンク